<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 2015年4月19日BOTTLE × ゆらぎ



2013年11月にTHE ROOMにお招き頂いた「ゆらぎ 〜Anything that makes us move...〜 × Bottle "Collaboration Party"」から約1年。
ゆらぎDJ'sをBottleにお招きします!!


先日13周年を迎えた長寿パーティゆらぎですが、素敵なサウンドでフロアーを揺らし、Bottleでもおなじみのガラマキ先輩を中心にうまい酒にゆらぐ素敵なパーティです。

ゆらぎとBottleの融合、体調万全でゆらぎましょう。


料金:2000yen(2drink) W/F1500yen(1drink)
GUEST DJ:ゆらぎ DJ's(gara,Kiichiro,nori,shusaku)
DJ:SND,OZEKING,LEEE,ハラダケイスケ,sowasowa
DESIGN:M.Hirao a.k.a. HEMLOCK
書道:丸山春楸
盆栽:さくらいろ
FOOD:五十嵐製作所&たかのゆり
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:53 | category: ブログ |
# Bottle 手拭い 発売開始


Bottle Crew Art Work Director【HEMLOCK】が贈るクリスマスプレゼント。
Bottle手拭いが完成しました。

HEMLOCKの真骨頂である遊び心が満載のこのデザイン、見覚えがある方もいるかと思います。

半分はBottle5周年の時のArt workから。Bottle Crewの名前が隠れていますので探してみてね。
もう半分は2013年10月から2014年12月のフライヤーになっていた、絵を文字で描いているデザインが大集合。
その時々のテーマ、出演者を文字遊びで表現したこの作品、個別にグッズにして欲しいとの声も多い大人気の作品です。

デザインが半分で別れているので、真ん中でカットして二つのデザインとしても使用可能という心遣い。
是非二枚使いでカットインしてみてください!

1枚800円、2枚1500円、3枚2000円となってます。


下記のサイトから購入可能です!
http://thebottle.thebase.in/items/997074


| comments(0) | trackbacks(0) | 12:10 | category: ブログ |
# POSSIBILITY〜秋の感謝祭り〜
HICKEYにお招きいただきました。ありがとう。
飲むよ。


9月はPOSSIBILITY〜秋の感謝祭り〜!!!!
POSSIBILITYにゆかり深いダンサー、アーティストが集合します!総勢20名以上!

夏があっという間に感じた方、祭りに行けてない方、
祭りはまだしますよ。

枝豆やスナックも用意して、
ビール飲みましょう!そして踊りましょう!

9月11日(日)の夕方はFamilyでお待ちしてます。

POSSIBILITY〜秋の感謝祭り〜

Date:2011年09月11日(sun)
Door:1000yen
Open:17:00〜23:00

Genre:JAZZ, FUNK, SOUL, HOUSE,, and BAND LIVE

Special Dance Time:A.d.S.L

レギュラーDj:Possibility Dj's

感謝祭り参加 Dj:
KAMENOKO DJ's
SMILE VILLAGE DJ's
Dome
Nomu
Shinoyama
たんぼ
Bengal
SND
Akichiyo
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:49 | category: ブログ |
# さざ波 一周年!!
freecube主催の「さざ波」1周年おめでとうございます。
お招きいただいてありがとう!

 

【さざ波 一周年!!】 
日 時 :2011年9月18日 [日] 18:00〜22:30 
場 所 :渋谷 SUNDALAND CAFE 
charge :¥500 

free cubeが豪華ゲストを迎えてお送りする、隔月開催のライブパーティー。 
今回は一周年記念!! 
音楽と出会い、人とつながりひろがっていく。 
日曜午後のスンダランドカフェに、ふらりと遊びにきてください。 

D J : 
KeitaMan 
NOBUSHIROCK 
SND 
中村 和義 

L I V E: 
Pablo 
DERACINE SWING 
free cube 

●Pablo 
東京Original。UrbanRockSoundStyleを提唱し生音に拘るクリエイティブバンド。 
東京で生まれた感情の光と影を独自の観点で表現する。 
常に「血の通った音楽」を追求し続け、人間臭く愛に満ちたライブスタイルは音楽好き・ライブハウスやクラブ・フェス好きのみならず、様々な分野からの支持を増やし続けている。 
Rock を基盤にHip-Hop、Reggae、Jazz、Funk、Pops等、様々な音楽的要素に日本人としてのバックボーンを反映させた独自のサウンド、緩 やかで時に荒々しく泳ぐブルージーかつメロディアスな言葉の数々。また、観る者の心を躍動させる一種独特なライブパフォーマンスは既存のロックバンドの概 念をいとも簡単に覆し、都内外各所様々なジャンルのイベントで称賛を得ている。 
[Pablo official website]http://www.pablotokyo.com/

●DERACINE SWING 
祭を求めて越境する楽隊。2010年、現在の三線・ギター・ピアニカ・カホンの四人編成となる。琉球、アイヌモシリ、ロンドン、アイルランド、トーキョー。廃工場からギャラリー、クラブ、バー、路地裏まで。しなやかに駆け抜ける。誰も経験したことのない音世界へ。そこは何時も懐かしく未来的。 

●free cube 
「おはよう、こんにちは、ごちそうさま、ありがとう、また会いましょう」 
心の奥まで届く音と言葉をモットーに活動を続ける、2人が奏でる音楽はWORLD pops music。 
bossa novaやsambaのリズムを軸として、体が踊り出す様な軽快な曲から、心に響く祈りの歌まで、 
一カ所にとどまる事なく様々な表情をみせる。 
現在は音楽で人と空間を繋いで行く自主イベントの「さざ波」を隔月でオーガナイズ。 
歌担当のエミコとギター担当のc.j.に加え、ゲストミュージシャンを迎えてのライブ活動も行っている。 
今回もbassに清水聡氏、Per.にAlterBingoからDUKE氏が参加! 
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:45 | category: ブログ |
# 神南マーライオンズ
343993011.jpg
ひさびさにGAKUパイセンが動きます。

イベントタイトルが危険を臭わす。

興味ワクワクなDJ陣が名を連ねます。

海の日KOARA何かが起きる!?


2011.7.18(MON)祝日(海の日)

神南マーライオンズ @KOARA
【GENRE】Reggae,Lovers
【ENTRANCE】FREE
【TIME】17:00〜23:00
【Djs】GAKU(bottle),OZEKING(bottle),TEE(ONION RECORDS),Shotty(DubStore),Cossak(10WD)
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:55 | category: ブログ |
# 〆〆

ラストダンスするもあえなく?轟沈、ピエロよろしくな姿に当日辟易したかたもいらっしゃるかもしれません。jack(旧名maestro)です。
当日ロクなコミュニケーションもできなかったので、この場を借りましてあいさつを。

BOTTLEありがとうございました!!!!!!!

6月でbottleを抜けることになりましたが、とはいえ8月以降もしれっとスタッフのように振舞っているかもしれませんw
ナニハトモアレ、今後もbottleをどうぞよろしくお願いします!

jack

last updating...

・Dancing free/Hot ice


All night long/Cloud

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:54 | category: ブログ |
# NY旅行

 
3/13~3/19にかけてニューヨークへ行ってまいりました。

ハーレム地区のブラザーにもまれながら、レコード探訪をメインに、いわゆる観光もしつつ、現地の風を肌で体感してきました。ニューヨーカーのお洒落さもさることながら、音楽への鋭さ、敏感さはこちら日本とは別次元だったように思えます。まさに音楽都市!

旧パラダイスガラージ跡地を偲び、バスから見えたニューヨークの情景(WEST END参考!)から目頭に熱いものを覚え、無事帰国。

12インチ安かったな〜。ディスコマッドネス。

MAESTRO あらため JACK


PS
日本のめしはうまい。
| comments(2) | trackbacks(0) | 21:42 | category: ブログ |
# 新譜〜house・hiphop編〜
ブラックミュージックはナマモノ!常に進化し、一つの枠におさまることなく型を変えて現存する多型音楽!ということで、新年明けまして以降のキワモノ、極上モノ等々のナイススメルな新譜のピックアップをしたいと思います。


Andres (part 2)/LP
別名DJ DEZ。Andresは昨年part 1をリリースして話題を掻っ攫ってましたが、今年も早々やってくれました。祝part 2のLPリリース。収録曲の内容としては、part 1がhiphop色であるのに対し、part 2はhouse色。どちらもandresの強い個性を感じますが、個人的にはpart 2の方が好み。今年度必聴盤でしょう。


dam funk/toeachizown 5LP
曰くモダンファンク、曰くフューチャーファンク、曰くブギーファンク・・・。ファンクの伝道師dam funkがついにstones throwから5LPという脅威のボリュームでやらかしてくれました。まだか、まだかと心待ちにしていたファンクに首ったけのdam funk党がどれだけいたのだろう。僕自身はいつぞやかに出たburgundy cityの12inch以降、dam funkの新譜には捻くれた理由あって手を出していませんでしたが、今回のtoeachizownにはただただ平身低頭。泣きファンクの金字塔。


storng arm steady/in search of stoney jackson
こちらの一発もstones throwより。ここ近年のstones throwによるブラックミュージックへの貢献度は非常に高いと思う次第です。strong arm steady略してSASは、Phil The AgonyとKrondon、Mitchy Slickからなるウエストコーストのラップグループ。トラックを手掛けるはmadlibと、少々異色にも思える組み合わせが絶妙に絡んで、嗅覚を刺激するとても良いにほひのアルバム。知り合い曰く、聴くほどに新しい発見・出会いがあるhiphop史に刻まれるべき一枚、とのこと。
これは僕も心ときめきました。

まだまだ2010年も始まったばかり。これからも更なる躍進の年であろうと信じるばかりです。

maestro from jacktown
| comments(0) | trackbacks(0) | 03:22 | category: ブログ |
# nothing in particular vol.1
BOTTLE師走会お疲れさまでした!遊びに来て頂いた方本当にありがとうございました。 
良い雰囲気の中年末BOTTLEを〆ることが出来ました。僕個人は酔いどれサンデーと相成りました。。

昨日も配ったmix、マイメンnozomone(http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=1001129704)がジャケットを作成してくれました。
NICE WORK!!!
昨今のHIPHOP・HOUSE〜80年代ウサンクサイElectro・DISCO収録。

nothing in particular vol.1
http://www.zshare.net/download/690345311edf1f2f/

intro
1 Shafiq-cheeba
2 Cottam-cottam 2
2'Maxwell-luxury cococure
3 Theo parrish-chemistry
4 LCD SOUNDSYSTEM-45:33 remix by theo parrish
5 Wajeed-funkin' for jamaica
6 Al McCall-hard times(inst)
7 Sybil thomas-rescue me(inst)
8 Beautiful swimmers-swimmers groove
9 Bar-kays-boogie body land
10 Fatback band-Is this the future?
11 Universal robot band-barely breaking even
12 General johnson-can't nobody love me like you do





maestro a.k.a m*s*k* from Jacktown
| comments(2) | trackbacks(0) | 12:47 | category: ブログ |
# リー・コリンズ
 

昨夜11/28は濃ゆ〜い一日でした。渋谷koara〜原宿k6~liquid loft~原宿k6へのクラブ歩き。
僕のメインディッシュはchicagoのアンダーグランドパーティ「soul in the hole」からの使者、リーコリンズ。

いやー最高でした!アングラ感漂う空間に、怪しいDISCOが相乗して何とも煙たい空気が出来上がってました。今年は日本-chicagoつなぐ直通弾丸列車な一年だったと思います。

Tシャツを買ってその日は朝の陽光を背に帰ったのでした。

maestro a.k.a m*s*k* from Jacktown
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:22 | category: ブログ |
MIXCD





Next Bottle
2015.10.18(SUN)
BOTTLE
time 17:00〜23:00
charge 2000yen(2drink)
with flyer 1500yen(1drink)
【GUEST LIVE】BUGS GROUP 【DJ's】SND,OZEKING,LEEE,
ハラダケイスケ,sowasowa
【書道】丸山春楸
【盆栽】さくらいろ
【DESIGN】M.Hirao
Categories
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links