<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 2014年10月19日BOTTLE 〜DJ LEEE BOTTLE MIX CD Release Party〜 | main | BOTTLE- DJ Gaku Mix CD Release Party >>
# THE BOTTLE vol.1 全曲紹介の巻

SNDです。

THE BOTTLE MIXCDシリーズ初版を担当させていただきましたが
今更ながら全曲紹介させていただこうと思います。

またちょっとずつですが、全曲視聴できるようにしました。
曲名の部分をポチっとすると聞けるはずです。

興味を持っていただいた方は、下記のWEBサイトからも購入できますのでポチっとどうぞよろしくお願いします。
http://thebottle.thebase.in/items/474530

また、大体数枚は持ち歩いているので、お声かけいただけたら幸いでございます。


それでははじまりはじまり〜


01.The Bottle / free cube
SNDが主催するパーティのタイトルにもなっているGil Scott-Heronの名曲Bottleを、親交の深いBAND「freecube」がカバー。
2011年に死去した「ブラック・ボブ・ディラン」「ゴッドファーザー・オブ・ヒップホップ・ラップ」などと呼ばれているGil Scott-Heronの代表作BottleはSoul,Funk,Jazz,BLUESを融合したような世界を表現しており、我々のイベントからMIXCDを発表するに当たって、イベントの音楽性を提示する要素にもなっている。
今回のカバーではfreecubeの心に響く音色が妖艶な空気を漂わせ、emikoの優しい声に包まれ本編の幕開けです。


02.HOME IS WHERE THE HATRED IS / GIL SCOTT-HERON
1976年ARISTAから発売されたIT'S YOUR WORLDに収録。
Esther Phillipsによるカバーも有名かと思います。
1曲目のBottleに続けてGil Scott-Heronの曲に繋ぎたかったが為に選んだ訳ですが、この曲の詞は薬物中毒者の事を歌っていてまさに氏の真骨頂とも言える作品です。本編は12分にも及ぶ曲になのですが、1曲目のBottleに拍手を贈るべく、そんな箇所からMIXさせて頂きました。


03.INGRAM KINGDOM / INGRAM KINGDOM
1976年EXCELLOから発売されたTHE FUNK IN OUR MUSICに収録。
ニュージャージー出身のファミリー・ファンク・グループIngramがThe Ingram Kingdom名義でリリースした1stアルバムからセレクト。
Live感を残したままFunkyな方向への展開を考えた選曲となりました。
この盤はMUROさんのMIXTAPE、DIGGIN HEAT 2000に収録されている、He's Mineを目当てに購入した盤でしたが名曲ぞろい。raregroove、free soulの方面からも人気があるようです。


04.We Getting Down / JAMIROQUAI
2006年発売の7吋。Jamiroquaiがライブのみで披露していたこの曲。A Tribe Colled QuestのAward Tourの元ネタとしても有名なWeldon Irvineの名曲We Getting Downのカバーしたものです。
3曲目に引き続きLive盤をセレクトし生感満載の展開となってます。


05.PINK STYROFOAM / THE HORN BAND
2003年Neapolitanから発売された7吋。2010年に話題となったミルウォーキーの至宝、KINGS GO FORTHに関連のあるこのバンド。今回は、part気part兇魴劼欧銅録しております。Funky Beatsと、baseのgrooveがたまらない1曲です。


06.One Fine Morning / Tres-men feat.Saigenji
2013年PLAYWRIGHTから発売されたTres-menに収録。クラブアンセムへのオマージュと次世代のダンスミュージックへの追求されて出来上がったカバーアルバムで、他の収録曲も抜群の名曲揃いです。
イントロのギターが印象的なlighthouseの名曲One Fine Morningをの絶妙にカバーしております。


07.FREEDOM OF THE MIND / SMOKE
1976年CHOCOLATE CITYから発売されたS.T.に収録。今回収録したFREEDOM OF THE MINDを筆頭にLPとしては爽やかでありながらFunkyな一面も垣間見せる素敵な一枚になっております。


08.KEEPIN'IT TO MY SELF / JAISUN
1977年JETT SETTから発売されたSAMEに収録。全編通して抜群の歌唱力かつ爽やかなサウンドが沁みる1曲です。DAVID FOSTERプロデュースのレア盤JAYE P. MORGANの「JAYE P. MORGAN」と同じトラックを使っている曲が収録されているという事で注目されているようです。


09.YOU GOTTA LET GO / MARCIA HINES
1975年Wizardから発売されたMARCIA HINESに収録。オーストラリアのソウルシンガーMARCIA HINESの素敵な歌声が沁みる名曲です。
groove溢れるFunkyな曲も収録されていたり、お気に入りの盤です。


10.PEOPLE / ELLIPSIS
世界に数枚しか存在が確認されていないと言われているスーパーレア盤のSoulSeven(JAZZMAN)からの再発7吋。jazzman geraldや、keb dergeも虜にしたfunk,soulの頂点付近に君臨する1976年セントルイス産の奇跡の1枚です。


11.LAREDO / GRAND STRAND
Creative Artsから発売された7吋。館林のPINK DOLPHINを主催する橋本暢裕さんのMIXC「SPREAD MY D.F. MESSAGE」に収録されたこの曲。冒頭からgroove、ホーンの絡み、ボーカル、全てが抜群のバランスで構成され、最後まで突き抜けた素晴らし過ぎる曲です。


12.ON THE WAY TO L.A. / WE THE PEOPLE
1975年DAVELから発売された7吋の再発版。軽快なBEATが展開されるFunkyなこの曲、途中のジャジーでゆらっとした雰囲気を織り交ぜる展開がニクイ。


13.朝から晩まで西・東 / ハリマオ
東芝EMIから発売された イチかバチか に収録。イントロのギターから高速Funkが炸裂する。ラテンの気配がちらつくJAPANESE FUNKGROOVEを軽快に乗りこなすボーカルが光る逸曲。


14.Latin Strut / Frootful
2011年にFreestyleから発売された12吋。Joe BattanのLatin Strutをギターやフルートなどの旋律でエレクトリックかつメローなテイストにしつつも、うねるベースとブレイクはしっかりとKEEPされた素敵な曲です。


15.Berimbau / The Farah Quintet
2012年TIMELESSから発売されたTHE FARAH QUINTETに収録。
Baden Powell作で多くのアーティストが取り上げているブラジルを代表するこの曲を激Funkyにアレンジ。RFのプロデューサーとしても活躍中のFarahさんが仕掛けるJazzユニット。jazz、sambaの躍動感溢れる音を情熱的に表現されています。録音においては当時の録音環境を忠実に再現するべく、オープンリールやビンテージマイクを使用した、一発取りの完全アナログレコーディングとなっております。


16.BOSSA WITH REGARDS / MARCO DI MARCO CHRIS WOODS SEXTET
1974年Modern Jazzから発売されたTogether In Parisに収録。ラテンの空気がプンプンするイタリア産のJazzの名盤。この曲との出会いは10数年前にItachoさんのMIXTAPEに収録されていて衝撃を受けた一曲です。


17.Recodo / TOKI & SAMBA FRIENDS
1981年carnivalから発売されたBrasilに収録。Hank Mobleyでお馴染みのRecordをサンバ、フュージョンテイストにカバー。
Hank Mobleyの作品のDOPEに聞かせるGROOVE感溢れた感じとは違いパーカッションが賑やかでまさにブラジルをイメージさせる。真っ青な青空が広がる中でビールを飲みたくなる一曲。


18.HE LOVES YOU / MASAKO MIYAZAKI
1978年にThinkから発売されたGet My Waveに収録。SeawindのフリーソウルクラシックHE LOVES YOUからスタートしアントニオ・カルロス・ジョビン、アース・ウィンド&ファイヤーなどのカバーも収録された素敵なアルバムです。エンドレスで再生してもgrooveが回るようラテンテイストを残したまま冒頭のfreecubeにサイド繋げるラストであり繋ぎの一曲。



いかがでしたでしょうか。
たくさんの方々に聞いていただけたらと願っております。
どうぞよろしくお願いします。

 




 
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:42 | category: SND |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:42 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://thebottle.jugem.jp/trackback/396
トラックバック
MIXCD





Next Bottle
2015.10.18(SUN)
BOTTLE
time 17:00〜23:00
charge 2000yen(2drink)
with flyer 1500yen(1drink)
【GUEST LIVE】BUGS GROUP 【DJ's】SND,OZEKING,LEEE,
ハラダケイスケ,sowasowa
【書道】丸山春楸
【盆栽】さくらいろ
【DESIGN】M.Hirao
Selected Entry
Categories
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links